« | トップページ | »

2015年9月23日 (水)

名古屋市博物館で開催中の『 魔女の秘密展 』へ


空を飛び、魔法を使い 気味の悪いスープを作る

怖い顔のおばあさん。私の勝手な魔女のイメージです。

魔女って本当にいるの?

そんな 好奇心をかき立てられ

子ども大人も 興味をそそる魔女の世界を見てきました。



「扉を開け、魔女の世界へ!

 野草から痛み止めの薬をつくる“魔女”。

 ホウキにまたがり空を飛ぶ“魔女”。

 鼻をピクピク動かし、お客さんを犬に変える“魔女”。

 美魔女・・・。

 私たちはいろいろな“魔女”を知っています。

 「魔女の秘密展」では、魔よけのまじないの道具、

 「魔女裁判」に関する書物や拷問道具、

 “魔女”をテーマとした絵画など約100点の展示資料で、

 わざわいをもたらす者としてのヨーロッパの魔女像から

 現代日本のコミックに登場する“魔女”たちまでを紹介します。

 “魔女”、そのイメージのうつりかわりをご覧ください。」…名古屋博物館HPより



”魔女”とは誰だったのか?

不気味で恐ろしい絵画や魔女狩り・魔女裁判

拷問の展示では、子どもには残酷で強烈過ぎたようでした。


錬金術や魔除けまじない、薬草を使った治療など

中世から近世の世界背景からみる魔女の存在など

興味深い展示。

今まで魔女について掘り下げ調べることもなかったので

強烈ではありましたが、充実した面白い展示会でした。



2015925





|

« | トップページ | »