« おいしい!ミード | トップページ | 自然の中で »

2010年5月27日 (木)

よるくま

昨夜、子どもを寝かし付けようと寝室の扉を開けると
窓から月の光が入りとても明るく奇麗でした。
冬の空のように澄んだ空気で月が輝き
周りの雲は白く浮び上がって見えて
子どもと二人しばらく夜空を眺めていました。

そんなことがあったからか、幼稚園から帰ると
これ読んでと持ってきた絵本が
酒井駒子さんの「よるくま」
これは息子へと友人からの戴きものです。
私は酒井駒子さんの絵や描く世界が大好きで
絵本をいくつか持っているほど、
なので戴いた時は私の方が喜びました。

そんな「よるくま」は男の子とよるくまが
夜の世界よるくまのお母さんを探しにいくお話で
なんとも可愛らしく微笑ましい。

彼女の絵本はちょっぴり切なさを感じる絵で
独特の世界があって大人が読んでも素敵だなと思えます。
子どものベットタイムにぴったりです。


2010527

絵本・酒井駒子「よるくま」

|

« おいしい!ミード | トップページ | 自然の中で »