« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月18日 (月)

「かいじゅうたちのいるところ」

「かいじゅうたちのいるところ」 息子も私も大好きな モーリス・センダックの絵本です。 モーリス・センダックはアメリカ合衆国の 現代絵本を代表するは絵本作家 画家で数多くの絵本を出しています。 その丁寧で夢のある絵は独特で個性的 オペラやミュージカルの 舞台装置や衣装なども手がけています。 この世界的なベストセラーとなった 「かいじゅうたちのいるところ」が スパイク・ジョーンズ監督によって 実写による長編映画となりました。 15日から公開されたので 早速、妹たちと観てきました。 絵本がそのまま大きな世界になったみたいで 子どもたちは吸い込まれるように 映画の中へ入っていきました。 映像がとても落ち着いた雰囲気なので 子どもたちが何度かアクビをしているのに 気付きましたが、愛嬌あるかいじゅうや 夢想世界が楽しかったようです。 吹替えの加藤 清史郎くんの声が主人公MAXに ぴったり合ってとても可愛かったです。 かいじゅうたちのいるところ 2010118

|

2010年1月11日 (月)

カメラのある暮らし

昨年の誕生日&クリスマスプレゼントに デジタルカメラを貰いました。 夫が使う「GR DIGITAL 」の写真が とても綺麗で私も欲しいと思っていいたから..。 写真を撮ることは私の趣味のひとつ 学生の頃は今みたいに デジタルカメラはなくて 大きなカメラをバックに入れて 持ち歩いていました。 写真左のカメラはまだ結婚前10年以上も 前ですが、夫が「写真が好きだから」と プレゼントしてくれたライカのカメラ とても高価なものなので嬉しいのと同時に とても驚いたのを覚えています。 絞りやシャッター速度などちょっと難しいけれど 1シーンをなんとも素敵にしてくれるカメラで とても気に入っています。 他のLOMOのカメラと連写カメラは 楽しく遊べるカメラ。LOMOは10年、 連写カメラは15年以上のお付き合いです。 私の写真は自己満足ですが、自分で感動できる一枚が 撮れることを夢見て、これからも カメラのある暮らしは続きそうです。 2010111_2

|

2010年1月 5日 (火)

熱田の森

初えびす、家族三人で熱田神宮へ 参拝に行きました。 熱田神宮は幼い頃からよく行く 一番近くにある森です。 小学生の頃から楽しみにしている 「 熱田祭り 」 仕事で少し疲れたときには 「ちょっと散歩でも行く?」と 出掛けたり、お昼間小腹がすいた時 「つるっと、きしめん食べたくない?」と 出掛けるのが熱田神宮です。 私が住む名古屋市の街の中、 こんなにも多くの木々が茂り、 ざわざわと葉の揺れる音が心地よく 心穏やかになる場所はありません。 雨上がりの神宮内は湿った緑の香りが 体中に届くような気持ちよさです。 今回は新しい神楽殿でご祈祷して頂き 新たな年、健康で良き年であることを祈ります。 「 皆様にも幸せが届きますように 」201015

|

2010年1月 1日 (金)

おけましておめでとうございます

おけましておめでとうございます 皆様にとって素晴らしい年で ありますように 本年も宜しくお願い致します。201011

|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »